トラクターとは?

トラクターとは、一般の人にはあまり馴染みのない機械ではありますが、多くの人がトラクターと言われてなんとなくイメージは思い浮かぶかもしれませんが、実際にはどのようなものがトラクターなのか?はあまり知られていません。そんなトラクターではありますが、車やバイクなどと同様にエンジンが付いており操縦するには免許が必要となる場合もありますし、使用するごとに劣化していきますので、当然買い替えが必要となってきます。買い替えにはそれなりにお金も必要となってくる為、車などと同様に今、使用しているトラクターを買取してもらい、新しいトラクターを慎重に選ばなくてはいけません。そんなトラクターですが、今回はまだトラクターをあまり知らない人にトラクターには一体どんな種類のトラクターがあるのか、などをご紹介させていただきます。

そもそもトラクターとは農作業や土木工事現場などで使用する、牽引車です。一般的に分かりやすいトラクターと言えば、田んぼなどを耕すトラクターや工事現場などで土などを除去するブルドーザーと言えば分かる方も多いのではないでしょうか。そんなトラクターですが、作業現場で使用するのが主な目的となりますが、軽自動車と同様の車両扱いになりますので、公道も走れるというのはみなさんご存知でしたでしょうか。しかし、もし公道をトラクターで走る場合は、普通免許ではなく機械の大きさなどによって普通免許とは異なった免許が必要になります。私有地のみの運転は原則免許不要となります。

いかがでしたでしょうか。まだまだトラクターでお伝えしたいことはありますが、今回はトラクターを知る初歩的な部分をご紹介させていただきました。もしこれから仕事でトラクターが必要になりそうな方は色々なトラクターがありますので、是非他のトラクターも調べてみて下さい。